Myリアル英会話

「I am not a morning person.」は、「私は、夜型人間ですので、朝が苦手なんです」という意味を表しています。例えばこのような夜型人間である方が取り組む英会話の学習の中で、自分自身をリアルに伝える事ができる英語表現を集めてみました。

●私は喫煙者ではありません。I don’t smoke.
●私は、調理師として働いていました。I worked as a cook.
●私は、英会話を半年習っています。I’ve been learning English for six month.
●私は、諦めません。I won’t give up.
●私ならば出来ると思います。I can do it.
●これが私の電話番号です。Here is my phone number.
●おいしそう。It looks delicious.
●すごくおいしい。It tastes great.
●体調が悪いです。I feel sick.
●つかぬ事をお伺い致しますが。Can I ask you something?
●彼といる事が私の幸せです。He always makes me happy.
●どうしようもない。Nothing can be done about it.

皆さんにも使えそうな表現はみつかりましたでしょうか?英会話のハウツー本を読み漁っていた時に、「無駄な英会話表現を覚えていると、必要な表現を記憶できなくなる」というようなフレーズをみつけた事があります。たしかに、義務教育での学ぶ英会話表現は、基礎中の基礎だとは、現在でも感じていますが、学校で学んでいる全ての英会話表現が、ワーホリした際に必要であるかというとそうではなさそうにも感じます。必要な表現をまずは、マストに暗記する事で生きた英語力が身に付くのではないかと感じています。
自分で英会話の勉強をするのもよいですが、英会話スクールに通ってワーキングホリデーに臨むのもアリだと思います。
英会話スクールに通うのにオススメするのは「銀座」エリアです。
ぜひ一度英会話スクールを銀座から探してみてください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です