教材はいろいろ

よくおかしな日本語の説明文があったりしますが、翻訳ソフトそのままだと変な日本語になってしまうのと同じで、翻訳ソフトそのままの英文はおかしいかもと疑った方がいいかと思います。
目標は英語を話せるようになる、英語で研究論文を書く、アメリカで俳優になりたい、イギリスの会社に入りたいなどいろいろあるかと思います。
語学留学する人もいますし、駅前留学をする人もいるかと思います。
何年か留学しても英語が話せない人もいると聞いたことがありますが、どこにいってもコミュニケーションを取らないことには英会話は上達しないと思います。
英会話はコミュニケーションを取るための道具なので、英会話が出来ないからコミュニケーションを取りたくないというのは判るような気がします。
ただ語学留学は英語しかない環境に自分を放り込むためのものだと思いますから、そこで日本人とばかり仲良くなっても仕方ないという気もします。
日本に居ながら英会話の勉強方法で、スカイプなどで海外の人とテレビ電話をしながら英会話を勉強するという方法もあるそうです。
直接話すことができるので、とても上達するような気がします。
講師の年齢も国籍もさまざまなので、コミュニケーション能力を磨くという面からも良い方法だと思います。
英語圏でしか出来ない勉強をするのに留学した人の場合は、帰国して英語で仕事をするということはあまり考えてないという話を聞きました。
話し言葉しか出来ないというのは、就職にはあまり有利には働かないとも言われています。
仕事で使える英語というとかなりハードルも高くなりますが、目標があれば猛勉強もできるかと思います。
中学生の英語が出来たら話せる準備は出来ていると考えてもよいでしょう。
もし英会話のハードルが高かったら、中学生の教科書から始めるのもいいかと思います。

ビジネス英会話を学びたい方は、銀座の英会話教室なんかを探してみるとよいかもしれませんね。

ビジネスマンが多くいる土地柄でもあるので、よい刺激を受けられることもあると思います。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です