完璧を目指さない

英語の問題を解くということは、当然ながら正誤があります。英語のテストでは点数が付きますし、高い点数と目指すのは間違っていません。正しい文法や単語を身につけることは大切ですし、基礎力をつけておかなければ英語を応用できません。しかし、英会話の初心者において「完璧主義」というのは、場合によっては成長を妨げることもあります。

初心者が英会話をしていてありがちなことが、咄嗟に英語を話せないことと言われています。これは英語が身に付いていないことも要因ですが、「完璧な英語を言おうとして、言葉に詰まる」という場合も多いそうです。文法は正しいに越したことはありませんし、できる限りは綺麗な英語を目指すべきでしょう。しかし、実際に人と人とで言葉を交わす時に、重視されることは文法ではありません。いかに言葉のキャッチボールができるかということが大切です。例えば日本語でも、完璧な文章で喋れているでしょうか。恐らく、語順もめちゃくちゃですし、「あれ何だっけ」という単語が思い付かないことも含めてコミュニケーションを行っているはずです。英会話も同じです。特に日本人は、間違えると恥ずかしいと思ってしまう傾向があると言います。しかし、間違いを恐れて会話をしないというのが最もやってはいけないことです。初めのうちは、簡単な文章で返すことや、場合によっては単語ひとつで返すこともあるかもしれません。しかし「コミュニケーションをしよう」という意思があれば問題ありません。上級者であれば、文法などを理解した上で「綺麗な英語」を目指しても構いません。しかし初心者の場合は、まずは「文法の正確さにこだわり過ぎず、とにかく英語を話す」ということを目標にしましょう。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です