英会話-リスニングの勉強方法

多くの人がリスニングの勉強方法として、ただ英語を聞くことに取り組んでいます。確かにこの方法を続けていればリスニング力というのは上がりますが相当な時間を費やすことになるでしょう。そこまで時間がかけられない方は、発音から勉強していくのがおすすめです。発音はスピーキングの練習なのではないかと思う人も多いと思いますが、この発音への理解を深めることでリスニングを上達させることが容易になります。
そもそも英語のリスニングというのは早いから聞き取れないのではなく、英語の綴りと実際の発音が違いすぎているからなのです。実際に私たちが日本語を話すときにも、単語と単語の間に切れ目を入れて話すことはありません。くっつけて発音します。英語もこれと同じでさらにくっつけることで発音が大きく変わるものも存在します。例えば「What did you do lastweekend?」という一文はネイティブが実際に発音しているものを聞いてみると「Wadijudu las weeken?」と言ってるように聞き取ることができます。これを何度も聞いて「What did you do lastweekend?」と聞こえるようにするには難しいです。こういった分をいくら聞いても英語をリスニングできるようにならないのは、聞こえてくる発音よりも書いてある文章を優先ししまうからです。すなわち、「Wadijudu las weeken?」と聞こえているのに脳の中では「What did you do lastweekend?」と聞こえているはずなのだと錯覚してしまうのです。これではネイティブの発音と文章の結びつけはうまくされずいつまでたってもリスニングは上達しません。
発音についてどうすれば理解を深められるかというと、とにかく実際に発音してみる、これに尽きます。また、単語を覚えるときにつづりだけでなく実際の発音も同じくらい優先して覚えましょう。きいたり覚えたりするだけでなくそれに実際に発音することを伴わせれば自然とリスニング力は上がっていくはずです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です