話せるトピックスを増やしていく方法2

ここまで考えて、話し方はわかるのだけど、やっぱり話したいことがないという方もいます。こういった方は大きく分けて二通りに分けられると考えています。一つ目のタイプは色々な人と話すことを通じて知識を得たいと考えてる人です。海外の知らない文化や考え方について学んだり、そういったものへあこがれを含んでいる場合が多いです。こういった方は何か話すのではなくたくさん話を聞いてそれに対して質問やコメントを返すことに注力したほうが良い結果につながります。二つ目のタイプは自分から英語を始めたのではなく、会社や環境から英語の勉強をせざるを得なくなった方です。こういった方は自分が実際に使うシチュエーションを想像してみるとよいでしょう。話さないといけないことというのは少なからず自分の想像の及ぶことです。実践的な内容を考えることで多少はトピックや会話についてシチュエーションを浮かべることができるはずです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です