話せるトピックスを増やしていく方法1

話のタネになる内容といえば、何か出来事があったのかそれともある人について話すのかといったことが多いです。ですのでこの2つについて、自分がどんな風に話すタネを持っているか整理してみましょう。書き起こしていく際におすすめなのが過去、現在、未来の三つに分けていく方法です。さらにそこから人についてのことなのか、出来事についてのことなのか分け、計6種の分類で書き起こしましょう。
話したいことを決めることができたら、次はそれが何人で話す内容なのか決めましょう。一人で説明していく話なのか、それとも2,3人で対話する話なのかといった具合です。ここまで来たらあと少しといいたいところですが、ここですぐ英語に起こすのではなく一旦日本語で書きだしてみましょう。あとは書き出した日本語から英語へ翻訳していく学習を進めるだけです。単語を調べたり、文法を確認して一つずつ文章を作っていきましょう。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です