留学のあれこれ

英会話を勉強し始めて間もないころだと、なかなか留学を考えることはないかもしれませんが、それなりに会話を楽しめるようになり、海外に行きたい、たくさんの人に出会いたいと思ったら、英会話レベルに関わらず検討してみてもよいと思います。留学には、前述したワーキングホリデーを利用して現地の語学学校に通うことも手っ取り早いやり方ですが、主に長期留学と短期留学に分けられます。長期留学と聞くと、大学生が思い浮かびますが、年齢は気にする必要ありません。海外ではMBA取得に限らず、大人が大学に通うことも珍しいことではありません、働きながら勉強する方もいます。

短期留学の場合、勉強するというよりも海外経験を積むということに重きが置かれると思います。期間が短い分、どっぷり英語に浸かれる環境に身を置くとよいでしょう。その際にホームステイを検討しますが、これは当たりハズレがあるので、仲介業者によく確認し、いざというときは日本人カウンセラーに相談できる環境であることが望ましいです。

長期留学を考える場合は、日本での生活を一旦すべて辞めたり、保留してきたりしなければなりませんので、大学の単位を取得する、専門的な資格を取得するなど、具体的な目標を決めることが大切です。留学を終えて日本に戻る場合、ワーキングホリデーから戻った人にもよく聞く話ですが、英語が話せるというだけでは就職できるかわかりません。英会話は得意になっても、専門分野がなければ、仕事に使える文章も書けず、ビジネス相手と商談もできませんよね。帰国してからのことをしっかり考えておきましょう。

 

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です