速聴のすすめ

ドラマや映画を聞き流す話しをしましたが、できれば速度を1.5倍や2倍速にしてみてください。多少難しく感じるかもしれませんが、ニュースの速聴もおすすめです。その日その日のビッグニュースは日本の番組でも海外の番組でもだいたい扱われていますから、内容はある程度推測できます。映像もあるので、話しのスピードにもついていきやすいです。童話など、ある程度知っている内容のお話しでも構いません。

これをできれば毎日のようにかけ流してほしいと思います。ネイティブは、日常生活の中で、会話だけが英語なのではありませんよね。その辺から聞こえる他人の雑談だとか、食事の支度をしながら母が聴いているラジオの音だとか、無意識のうちに聞こえる音も全てが英語なわけで、それらが実は英語耳を作る大切な材料となっています。集中して聴く必要はありませんので、ぜひ2倍速の英語を、日頃からかけ流してみてください。挑戦できる方は、5倍速くらいまであげてもよいと思います。

速聴に慣れてくると、ある日普通の速度で英語をきいたときに、とても遅く感じます。あれ、普通の会話ってこんなにのろのろしていた?と戸惑うくらいに感じられる場合もあります。

こうして少し自信がついたら、集中して速聴してみましょう。知っている単語やフレーズがきこえたら、それを書き出します。書くことによって知識が記憶に定着しますので、意味をよく知らない言葉でも、聴き取れたら書き出して、意味を調べてください。